世界のペニスサイズ

先日世界の国や地域のペニスサイズの比較において、日本人はアメリカ人よりも平均サイズが大きいという結果が発表されました。
全体的に最も大きいのはアフリカ大陸で次いでイタリア等のヨーロッパ、逆に小さいのは東南アジアと東アジアの地域でした。
そんな中アメリカ人が日本人よりも小さいということがあるのでしょうか。

アメリカ人のペニスを見たことのある方なら「そんなバカな!」と思われることでしょうが、これには様々な要因が挙げられます。
アメリカにはチャイナタウンやコリアタウンあることでお分かりの通り、東アジアからの移民が多数いるため、平均ペニスサイズが押し下げられているという状況です。
日本人の勃起時の平均サイズが12cmである中、韓国人や中国人の平均サイズは10cm前後のため、これが少なからず影響を及ぼしているものと思われます。

一目見れば実際のいわゆる白人、黒人と呼ばれる方々のペニスサイズは日本人と比較するまでもなく大きいことがすぐに分かります。
その理由は元々の体格が大きいこともありますが、それにプラスして日常的にペニス増大サプリを服用しているからです。

日本人においてサプリメントと呼ばれるものは「ビタミンなどの不足しがちな健康によい成分を効率よく摂取するもの」という認識です。
そのため、日本にもペニス増大のためのサプリメントはいくつもありますが、それらはどれも怪しい・疑わしいという印象があることと思います。

しかしアメリカにおいては、サプリメントに対する考えが進んでおり、健康を維持するためのものでもあり、体の状態をより良いものにする補助をするものという考えから、様々なサプリメントが存在しています。
その中の一つがペニス増大サプリであり、アメリカ人男性の多くは愛用しているという事実があります。

ペニス増大のためのサプリでは「ボリュームピルズ」「ビリリティピルズ」という商品が特に人気を博しており、どちらもペニス増大以外にも性機能を向上させる効果があるようです。
ボリュームピルズ、ビリリティピルズともに世界的に有名で、ビリリティピルズは特に全米で100万個以上もの販売数を誇る超人気商品です。

我々日本人もこれらペニス増大サプリに対する認識が変わり、開発が進めばペニスの平均サイズも上がるのではないでしょうか。
いつか世界で最も大きい国になるためにも、まずは今の意識・認識の改善が必要です。